《生技関連教育》

> 生技関連教育

「生技関連教育」関係の具体的なコンサルティング対象として想定される内容を以下に列挙します。(個別教育のみでなく、コンサル対象項目として列挙します。)
​(アンダーバーの項目は対象のブログ記事へリンク(🔗)しています。)

【生技一般教育】
  ★生技業務一般 ;会議の在り方試験調査報告書業務計画書VBAの効用
           3Dプリンターの活用3Dプリンターについてインダストリー4.0
           
失敗学加工基準

  ★プレゼン資料作成 ;パラレリズム、考え方、方針、設備審議対応資料、品質保証対応資料、
           ISO対応資料(各種)
  ★
AI導入 Python、機械学習、深層学習(Deep Learning)、生産技術上のAI活用課題、
  ★
IoT ;ソーシャルIoT(物流等)、インダストリーIoT、IoT投資評価、IoTの保全活用IoTの品質管理活用
​      
IoTのセンサー利用
  ★RPA ;
RPA導入、RPA業務、PoC(Proof of Concept:概念実証)、生産技術業務RPA


【SQC教育】
  ★SQC基礎教育 ;QCの7つ道具(7項目)、新QCの7つ道具、差の検定、相関分析、回帰分析、加重平均
  ★実験計画法 ;元配置、L8・L9・L16・L27各実験計画法、計数値・計量値分析

【技術英文教育】
  ★技術英文 ;会社紹介、工程概要説明(英語)、レイアウト(英語)、PFMEA(英文)他