生産技術業務のRPA化

生産技術業務のRPA化について、若干コメントしてみたいと思います。

現在のRPA(Robotic Process Automation)の潮流から見ると、その対象となる業務は、

一般的に、単純作業繰り返し作業標準化済み業務等であり、生産技術の業務においては、これらの比率は比較的少ないように感じられますが、考え方次第ではかなりの業務をRPA化することも可能であると考えられます。

(生産技術業務といっても、業種により、会社により、様々であるため、ごく一般的な内容に止めます。)


以下、順番に検討を試みる。

(対象はあくまで、実務レベルの業務であり、管理的業務は除く)


①単純作業対象

 ・工程能力調査業務(計測、記録等)

 ・データの可視化(グラフ化等)

 ・条件設定等の各種統計データの数値処理(VBA活用可能レベル)


②繰り返し作業対象

 ・日々の現場情報の吸い上げ

 ・日々の現場確認

 ・関連部署との打ち合わせ、議事録作成・展開

 ・日報、週報、月報報告


③標準化済み業務対象

 ・QC工程表、工程管理表作成

 ・設備、治具仕様書作成

 ・レイアウト作成

 ・投資評価業務

 ・標準作業組合せ票の作成

 ・設備諸元リスト(大きさ、重量、使用容量等)作成


これらの多くは、個別業務については従来から存在するVBA(excel等)や、コミュニケーション関連業務については社内ネットワークシステム(note等)で十分対応可能であると思われますが、複雑な業務処理、判断を伴うRPA化については、AI活用の出番となるため専門のITベンダーの力を借りる必要があると思われます。しかし、いずれにしても、RPA化を進めるうえで基本となるのは、現在、仕事を進めている当事者がいかに自らの業務を単純化、標準化、効率化を考えて実施していくかが重要な鍵となると考えます。


以上のような、生産技術業務のRPA化の考え方、進め方等に対する 支援、指導が生産技術コンサルティング対象となります。


(参考ブログ)

RPA導入について






閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示