top of page

割り鉸め加工について

 割り鉸め(split caulking)は、鉸め加工の一つであり、主に鉸めパンチ先端をテーパー状に加工したパンチで、被鉸め部を広げるような形で塑性変形させ、相手部品と一体化させる鉸めをおこなう加工方法です。


 この鉸め方法のメリットとしては、一般の平鉸めと比較し、鉸め部が変形しやすく、低荷重で鉸めが行える点です。


 一方、デメリットとしては、被鉸め物とパンチとの芯だしをしっかり行う必要があることです。また、鉸めパンチの摩耗、鉸め部からの金属粉発生などが懸念される為、製品の要求品質、工程上の配慮等に対する処置が必要となります。


 加工条件としては、鉸めるためのパンチの形状(テーパー角度等)をどうするかが重要であり、また、被鉸め部の固定が最適になるような加圧力、加圧スピード設定が重要になります。(弱すぎるとガタが発生、強すぎるとワレ・クラック等が発生)


 又、出来映えとしての鉸め寸法(鉸め強度保証)、変形、ガタ無き事等を確保するために、ストッパー(治具ストッパー)を設けて鉸めを行います。(治具定寸が基本)


 上記のような工程設計上の検討内容が生産技術コンサルティング対象となります。



(参考ブログ)





閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page