top of page

ステライトについて

更新日:3月1日

 ステライト(Stellite)は、コバルトを主成分とし約30%のクロム、4~15%のタングステンなどからなる非鉄合金です。(ステライトという名称は、デロロステライトグループ(DeloroStellite Group)の商標です。)

 

 ステライトは、硬さは高く、優れた耐摩耗性、耐酸化性を持ち、特性がほとんど変化しない万能型耐磨耗合金であり、バナジウムやモリブデンなどの添加材により、耐熱性にも非常に優れ、航空機・船舶などのエンジン内の部品などにも使われています。


 ステライトは、硬度が高く、耐摩耗性、耐食性、耐熱性、耐酸性に優れており、長期に渡って品質を保てる特性があります。例えば、1500℃~2000℃の高温においても、その特性は変化しません。


 ステライトは、耐摩耗性が要求される製品の表面硬化皿盛溶接用の材料として、各種工業分野で広く用いられています。ステラ イトを用いた肉盛溶接は、一般に TIG溶接もしくは酸素-アセチレンガスを用いたガス溶接など により何層かに肉盛を行い、その後、切削または研削加工により使用形状に成形して製品としています。




閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page