top of page

シーム溶接について

 高い気密性と防水性が要求される箇所に使われるシーム溶接(Seam Welding)についてコメントします。シーム溶接は「ラップシーム溶接」ともいわれています。


 シーム溶接は、溶接材を円板電極で挟み、円板電極を回転させながら通電して、電気抵抗による加熱により溶接材を連続的に接合する溶接法です。この溶接法は、線状に溶接できるため、気密性を得ることができます。また、溶接速度が速く溶接にガスを使用しないなど、コスト面でのメリットがあります。さらに、溶接時に閃光などを出さないため安全面の問題もなく、保護具も不要です。


 シーム溶接の実用例としては、燃料タンクなど気密性が必要な部品や防水性が必要な部位などに使われます。シーム溶接には、ラップシーム溶接以外に、突合せ面の一部に加圧力を与えながら溶接電流を通電して加熱する工程を連続的に行って溶接する「バットシーム溶接」や、母材の板端を僅かだけ重ねて、ローラ電極により通電・加圧により押しつぶしを行いながら連続的に溶接する「マッシュシーム溶接」などがあります。


 また、小型の水晶振動子やジャイロセンサなどの場合、真空中で蓋をシーム溶接することで、製品の性能向上や経年による性能劣化を低減させる必要があります。この場合、真空中でローラー電極によって気密封止することができる「真空シーム溶接装置」が用いられます。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page