top of page

リングプロジェクション溶接について

 リングプロジェクション溶接(ring Projection Welding)は、フランジ部にリング状の突起(リングプロジェクション)を設けた被溶接物に全周溶接を行う工程として知られています。


 例えば、穴あけ加工した燃料タンク本体に、フランジにリングプロジェクション(円環状の突起)形状を設けたパイプを取り付け、上下より銅系電極で加圧し、通電することで前記プロジェクションに熱および圧力を集中させて鍛接状態を形成させるのがリングプロジェクション溶接です。

 溶接といっても、種類や方法は様々です。大きく分けると、金属を溶かして接合させる「融接」、熱と圧力を加えて接合させる「抵抗溶接」がありますが、プロジェクション溶接は抵抗溶接の一種で、母材の一方に突起部を設けて、この突起部分に集中的に大電流を流し加熱すると同時に加圧接合する方法です。

 プロジェクション溶接のメリットとしては、アーク溶接のようにスパッタ(溶接時に発生する金属の粒)や有害な紫外線が発生しないことが挙げられます。また、スポット溶接と比較して、突起部分が固体のままで圧潰していくため圧接が得られることも特徴です。

 一方で、プロジェクション溶接は条件組合せの自由度が著しく狭いため、極端に電極加圧力を高くすると低温度において突起が容易に圧潰し通電部が拡大し、発熱の維持ができなくなることがあるため注意が必要となります。(リングプロジェクション溶接の場合は、使用する電流波形の選定(及び、条件設定)においても考慮が必要となります。)




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page