熱鉸め加工について

更新日:9月22日

熱鉸め加工とは組付け加工の一種であり、樹脂部品に(高温に熱せられたパンチで)熱変形を与えて、相手部品(金属部品が主)を締結させ一体化させる工程です。鉸め形状には様々なものがあり、肉を寄せたり、曲げたり、つぶしたり、割ったりという形で、もう一方の部品と密着化、固定化をはかることになります。

加工条件としては、変形させるためのパンチの形状・材質をどうするかが重要であり、パンチ温度、加圧力、加圧スピード、鉸め時間が関係します。又、出来映えとしての鉸め寸法を確保するためにストッパー(治具ストッパー)を設けて行います。出来映え評価としては、外観(バリ、亀裂、しわ等)、鉸め寸法、鉸め強度(抜き取り)、断面形状(抜き取り)等があげられます。

この鉸めは(鉸めの安定性(温度、加圧力のバランスが重要)確保のため)比較的時間を必要とするため、複数回に分けて加工する場合もあり、CT(サイクルタイム)確保のための条件設定に注意が必要となります。

この熱鉸め加工の工程設計上の検討内容等に対する指導・支援がコンサルティング対象となります。





5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示