top of page

ショットブラスト

更新日:2023年7月26日

 ダイカストや鍛造加工工程の後処理としてよく見かけるものにショットブラストがあります。

 ショットブラスト(Shot Blast) は、ブラスト処理(※下記の一種であり、金属などの加工物(加工する物)の表面に細かい砂や鋼製・鋳鉄製の小球を吹き付け、表面を粗く削る加工方法です。鋼などの粒(ショット)を圧縮した空気で吹きかける(ブラスト)ことからこの名がつきました。対象となるワークは金属、セラミック、ガラス、プラスチック等硬質なものが主ですが、ゴムのような軟質なものに対しても冷却硬化させてから用いる場合があります。

 ショットブラストは主にワークのバリの除去、表面研削、梨地加工のような模様付けなど広い意味での研削に用いられていますが、金属の表面近傍に残留圧縮応力を付与させることによりばねやギアなどの疲労強度の向上、耐応力腐食割れの向上等にも用いられ、これを「ショットピーニング」といいます。


 ショットブラスト装置の代表的なものは、モーターの動力を使いブレードと呼ばれる羽根車を高速で回転させ、これにスチールショットやスチールグリットなどの投射材を送り込み、高速回転するブレードの遠心力により投射材を投射するものです。ショットブラストで使用される投射材は比重が重いため、バケットエレベーターにより運ばれ循環利用されます。大量の投射材を一度に投射できるので、サイズの大きな部品や多量の製品のブラスト処理が可能で、サンドブラストよりも効率が高いです。


 ※ブラスト処理;粒子状の無数の研磨材を投射し、被加工物に衝突させて、表面の粗化、研削、研掃等を行う表面加工処理方法であり、工法により、サンドブラスト、ブロワブラスト、ショットブラスト等があります。


                (以上、ネット情報を引用し、整理しました。)




最新記事

すべて表示
bottom of page