top of page

圧入工程のPFMEA

 圧入加工(Press Fit)工程におけるPFMEA実施上の注意点について考察します。


 工程上予想される故障モードは、一般的には、異品・異材組付け、欠品、逆組み、位置ずれ、2重組み、異物混入、過剰・過少加工、工程飛び、作業忘れ・・・等々があげられます。

 圧入加工工程では、PFMEA上、最も重要な課題となるのは、何といっても(部品寸法不良等による)圧入強度不足です。(部品寸法不良が原因の場合、発生は一過性ではあるが、大量不良に結び付く可能性があり、又、圧入強度が適正であるかどうかは、外観等では検出しにくい。)


 圧入強度不足という故障モードは、上記のように、(影響、発生、検出を3つ掛け合わせた)重要度合いが高くなるため、優先的に対策を講じる必要性があります。


 圧入強度不足という故障モードに対し影響度合いが高い点については、製品機能の問題なので何ともなりませんが、発生度合い、検出度合いについては従来から様々な方法で対策が講じられてきました。(具体的な対策については、個別にコンサルティングという形で対応させていただきます。)


 以上のような、圧入加工工程におけるPFMEA実施上の注意ポイント等に関する指導・支援がコンサルティング対象となります。






最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page