FFT解析

FFT(Fast Fourier Transformation)高速フーリエ変換は、音響・振動測定分野における重要な解析手法です。FFTを使うことにより、ある信号をいくつかの周波数成分に分解し、それらの大きさをスペクトルとして表すことできます。


 用途としては、機器や機械の異常の検出、品質管理、振動観測などがあります。生産技術関連の用途としては、振動関係の公害防止対応や保全管理における機械振動計測などで使用することがあります。(予知保全への活用)


 FFT解析を用いた周波数分析をすることで、観測波形から振動原因となる特徴的な周波数を診断することが可能となります。 故障の初期段階や微小な異常の場合、振動値や時間軸波形にはほとんど変化が無く検出が困難なため、FFT解析を用いた周波数分析をすることにより微小な異常の診断も可能となります。

 また、異常を早期に検知することができ、壊滅的な機械の損傷を回避することができる場合もあることから、現在、この様なFFT解析を用いた振動分析による設備管理・異常診断方法が広く採用されています。

 FFT解析用ツールとしてはFFTアナライザがあげられます。FFTアナライザは取得した信号や波形の周波数分布を高速フーリエ変換によって周波数ドメインを表示する計測器となります。


 IoTの一つの目的となる、予知保全の分野において、設備管理・異常診断等に対し、FFT解析による支援が可能な状況であれば、お手伝いさせていただきます。





閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示