top of page

バニシング加工

 バニシング加工(burnishing)は、回転するワークに、高硬度のローラー(ロール)を押し当てて、滑らかな仕上げ面を得る加工方法です。切削加工で発生したワーク表面の微細な凹凸を押しならして、粗さを抑えた研磨面を形成することができます。


 バニシング加工は、ローラバニシングツールを使用し、切削加工後の表面を押しならす加工方法です。切削加工後の表面を塑性変形させ、ならしていくことで、面粗度を向上させます。


 また、バニシング加工は、切削加工ではなく塑性加工なので切屑を出さずに仕上げられ、さらにバニシング加工後の表面を硬化させることで、硬度が上昇することも特徴となっています。


 さらにバニシング加工は、短時間で加工を行うことができ、加工後の表面は鏡のように反射し、滑らかな表面に仕上がることも大きな特徴です。





最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page