top of page

4P分析について

 生産技術コンサルティングとして、企業の技術力の状況を分析し、今後の進むべき方向性を企業の首脳陣が自ら導き出せるように支援することは重要なことです。そのフレームワークの一つとして4P分析があります。


 4P分析(4P-analysis)とは、マーケティング施策を考える際に使用するフレームワークの1つで、製品・サービス(Product)、価格(Price)、販売場所・提供方法(Place)、販促活動(Promotion)の4つの視点で顧客ニーズに応じた商品やサービスを提供することを考える手法です。生産技術としては特に 製品(Product)、価格(Price)の部分に対しての検討が重要です。


また、4P分析は、自社製品・サービスを下記の4つの視点から分析し、その強みやアピールポイントをマーケティング企画に活かすフレームワークです。4P分析の進め方としては、(1)Product→(2)Price→(3)Place→(4)Promotion の順に考えることが重要だとされています。


<4P分析で用いる4つの視点>

(1)Product(自社の製品・サービス):どのような価値を市場に提供するのか→商品は今のままでよいのか・・

(2)Price(価格):いくらで提供するのか→価格は適正か・・

(3)Place(販売場所・提供方法):どのような形で提供するのか→販売方法は今のままでよいのか・・

(4)Promotion(販促活動):どのような販促を行うのか→顧客への訴求は十分か・・

 これらの視点から自社製品・サービスを分析し、販売戦略につなげていく――それが4P分析の役割です。


 4P分析では、自社の経営資源を把握し、市場や競合状況をしっかりと把握したうえで行うことが重要です。そして作り手の視点でのプロダクトアウトではなく、顧客視点からのマーケットインという考えに基づいた意思決定を行うことが大切です。


 マーケティング施策を打つ場合、まずは市場や消費者の嗜好などの環境を分析し、それを踏まえてマーケティング戦略を立て、その上で具体的な施策立案を行うという手順になります。


 4P分析における、製品(Product)、価格(Price)の技術面に特化した企業戦略立案に対する指導・支援が生産技術コンサルティング対象となります。




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page