フライス盤加工について

更新日:9月23日

機械加工の加工方法の一つである切削加工を行う工作機械の一つであるフライス盤による加工としてフライス盤加工がある。

フライス盤加工は切削工具が高速に回転して工作物に送りを与え、主として平面、側面及び溝などを切削する加工方法である。フライス加工では、工作物はテーブルの上に固定され、切削工具は上下に移動し、テーブルを前後左右に移動させながら加工します。

フライス盤の種類としては、ひざ形フライス盤(立て、横)、卓上フライス盤、ねじ切りフライス盤、万能フライス盤、マシニングセンタ等があります。

基本的な加工作業として、正面フライス削り、エンドミル削り、輪郭フライス削り、T溝削り、キー溝フライス削り、平フライス削り、側フライス削り、溝削り、すりわり等があります。工作物の取付方法はバイスによる取付を基本とし、様々な方法があります。

加工条件としては、切削速度(フライスの刃先の周速度)、切込み(粗削り、仕上げ削り)と送り(工作物への送り)があります。

フライス盤加工は、旋盤加工と同様、ポピュラーな加工方法であり、特に技術面での支援は不要と考えますが、生産性向上、品質向上面等で助言できる部分があれば コンサルティング対象とさせていただきます。




5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示