top of page

ラズベリーパイについて

 IoT(Internet of Things)が話題になったとき、常に登場するのが、このラズベリーパイ(Raspberry Pi)です。IoT技術を推進する上で、その道具立てとして、最も活用が期待されているものです。


 ラズベリー パイ(Raspberry Pi)は、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータです。イギリスのラズベリーパイ財団によって開発されたものです。日本語では略称としてラズパイとも呼ばれています。


 ラズベリーパイは、教育で利用されることを想定して制作され、IoTが隆盛した2010年代後半以降は、安価に入手できるシングルボードコンピュータとして趣味や業務(試作品の開発)等としても用いられるようになりました。


 ラズベリーパイは、簡単な電子工作からWordPressを利用したブログ、Webサイトなど、ハードウェア寄りからソフトウェア寄りまで幅広くカバーすることが出来ます。


 ラズベリーパイはPythonをはじめとする様々な言語で動かすことが出来ます。このことからラズベリーパイを動かすための敷居がとても低いというのが大きなメリットでもあります。現在、ラズベリーパイを扱えるエンジニアはそう多くありませんが、最近ではIoT技術が普及しているため、案件も少しずつ増えつつあります。扱える人が少ないため、他の案件よりも比較的高額なものが多いのも特徴の1つと言われています。


                (以上、ネット情報を引用し、整理しました。)





最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page