top of page

DC/DCコンバータ

更新日:5月22日

 EVが身近になってくるとともに、DC/DCコンバータ(DC/DC CONVERTER)というキーワードを耳にする機会が増えてきました。


 EVのあらゆる機器は電気で動作します。走行用モータなどは、大型・高電圧のリチウムイオンバッテリーの電力によって動作し、他の多数の車載機器(ECU、カメラ、ライトなど)は、低電圧の鉛バッテリーの電力で動作します。鉛バッテリーは充電しなければ電欠になってしまうため、リチウムイオンバッテリーから充電する必要があります。そこで、高電圧直流電力を低電圧直流電力へ変換するのがこのDC/DCコンバータです。低電圧へ変換することで、EVのさははまざまな車載機器が適切な電圧で動作できるようになります。


高電圧の用途

 走行用モータを動作させるためには、高電圧が必要です。モータは大電力のため、低電圧で動作させようとすると大電流が流れ、回路での損失が大きくなり変換効率が悪くなってしまいます。効率を向上させるためには、高電圧(400V以上)にして電流を抑制することが必要です。


低電圧の用途

 低電圧は、走行モータに関係する機器以外(車室内の各種機器やヘッドライトなど)に使用します。また、高電圧の機器であっても、内部の制御回路は低電圧で動作します。そのために、高電圧から低電圧に変換するDC/DCコンバータが必要不可欠となります。


 今後は、中小製造業においても、EVでは必要不可欠となるこのDC/DCコンバータに関係する製品(部品)を取り扱うことになることが多いに予想されます。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page