2色成形加工について

更新日:9月23日

射出成形の可能性を発展させる技術の一つに多材成形がありますが、その代表的なものに2色成形加工があります。

2色成形加工は1つの金型に異なる2種類の樹脂を射出成形するもので、それを行う2色成形機は金型は一つなのに対して、独立した2台の可塑化装置が配置され、それぞれ異なった材質ないしは色の材料を可塑化、充填することができるものです。

並列に1組のキャビティが並んでおり、コア側は双方が同じ形状をしていますが、キャビティ側は掘り込みの少し浅いキャビティ と 少し深く彫り込まれたキャビティから構成されています。コア側の移動前後に各キャビティに順次2材を充填し、2色(2材)成形を成立させます。

成形材料は同材質で色違いの場合が多いですが、異材質でも親和性の高い材料を選定したり、成形収縮を利用したシマリバメ構造(材質(熱収縮)の差を利用して喰いつく構造)をとる場合があります。

この2色成形(多材成形)については、各社独自の専門性の高い技術が導入・展開されていると思われますので技術支援対象とはなりませんが、発展的な改善(他技術と関連させた応用展開、生産性向上(作業性、自動化等)、品質向上(PFMEA対応、不具合対策等))について、助言できる部分があれば コンサルティング対象とさせていただきます。




6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示