クリーン度管理について

最終更新: 3月21日

ここで言うクリーン度は製造工場における作業空間の異物(粒子)環境の程度を指しています。(生産品に見合った)適正なクリーン度であることが製品によって要求される場合があります。

クリーン度の基準としては、長く使われている米国連邦規格(USA Fed.Std.209E)では、1f3(立方フィート≒28.3リットル)中の(例えば、粒径0.5μm以上の)微粒子数で表します。(JIS規格としては、JIS B9920の清浄度クラス 1~9 が使用されています。)

例えば 米国連邦規格での クラス1万、10万、100万という風に工場の環境レベルを表す形になります。対外的にもそのレベルがどの程度かで工場のクリーン度が理解されます。

その程度を測定する計測器として気中パーティクルカウンターが使われます。クリーン度の定期的確認、その維持管理も工場管理として必要なことと考えられます。

このクリーン度管理に関する、目標設定、計測方法、維持管理方法に関する指導・支援がコンサルティング対象になります。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SCMについて

SCM(Supply Chain Management) は直訳すれば「供給連鎖管理」となりますが、SCMの方がごく一般的に使用されているようです。 SCMは つまり、原材料・部品調達→生産→物流・流通→販売 の一連のプロセスの連鎖を管理することを意味します。 このSCMはSCのカバーする範囲の全体最適を進めることがその役割となりますが、具体的には、目標品質の達成、目標コストの達成、リードタイムの

ISO審査対応

ISO審査としては、ISO9001(品質マネジメントシステム=QMS)、ISO14001(環境マネジメントシステム=EMS)等、がありますが、その認証取得、定期審査、更新審査関連の対応業務も無視できない負荷になっていると思います。 製造業である限り、生産技術・工場管理部門においてはこのISO審査対応の主要責任部署となるはずです。 一般的に、ISO認証取得のメリットとしては、①企業イメージの向上、②

SDGsについて

SDGs (Sustainable Development Goals;エスディージーズと呼ぶ)は 「持続可能な開発のために国連が定める国際目標」のことでありますが、各製造業としても その目標達成に貢献可能なテーマを掲げて取組みをはじめようとしています。(従来のCSR活動、社会貢献活動も含めて、”SDGs ”や ”サステナビリティ”というかたちで新たにテーマアップされている) 内容的には、生産技術