> コンサルティング方針

コンサルティング方針

【コンサルティング方針】
 お客様の様々なニーズにワンストップでお応えできるように、
​ 豊富なコンサルティング対象をラインナップ
   
(お客様ニーズへの対応内容については、 ニーズ対応表 をご参照ください。)

①製造業のコンサルティングとして、企業分析による、目指すべき姿の方向性を明確にし、
 技術に裏打ちされた推進をおこなう
(多くの企業分析手法の活用、及びそれらを企業首脳陣とタイアップして推進)

②品質改善・コスト改善・技術力醸成等、モノ作りに関する豊富な経験を活かした
 コンサルティングをおこなう
 a、新製品・流動品への工程設計 → 
生産技術業務
   b、各種工場管理対応 → 工場管理
 
③技術、仕組み、ノウハウの標準化・定着化を支援する → 
QMS構築

④幅広い生産技術分野の教育支援を行う(多くの分野をラインナップ、必要時追加)

  → 生産技術関連教育 と 固有技術(加工、処理、設備技術他)教育

⑤新分野、最新技術の醸成にも力を入れる(②、④に含む)
(AI、IoT、3Dプリンター、SDGs、インダストリー4.0対応等にも注力した取り組み)

《コンサルティング方針①の関連ブログ》
 紹介・進め方、役割、コンサルティング手法等の内容を以下に列挙します。​(アンダーバーの項目は対象のブログ記事へリンク(🔗)しています。)

【紹介・進め方】
  ・コンサルタント紹介コンサルティングの進め方カテゴリー項目のご紹介ブログの見方

【役割】
  ・生産技術コンサルタントの役割

【コンサルティング手法】
  ・SWOT分析、PEST分析、5フォース、ニッチャーへの転身、4P(4C)分析、ABC分析、PLC、
   ポジショニングマップ、アンゾフの成長ベクトル、PPM、バランススコアー、
   キャッシュフロー分析、損益分岐点分析


【その他】
  ・専門家登録JP IT Week