SDGsについて

SDGs (Sustainable Development Goals;エスディージーズと呼ぶ)は 「持続可能な開発のために国連が定める国際目標」のことでありますが、各製造業としても その目標達成に貢献可能なテーマを掲げて取組みをはじめようとしています。(従来のCSR活動、社会貢献活動も含めて、”SDGs ”や ”サステナビリティ”というかたちで新たにテーマアップされている)

内容的には、生産技術、工場管理業務との関係も深いため 今回、生産技術コンサルティング対象としてどうかかわることができるかについて検証を行うこととしました。


当(コンサルティング)事業が対象とする製造業の 生産品(主に自動車関連製品、部品等)、規模(中小企業主体)から予測すると、(全部で17の世界的目標のうち、以下 SDG No. という形であらわすと)SDG 6(水・衛生)、8(働きがい)、9(技術革新)、12(消費・生産)について関係が深いと思われるため以下順番にコメントします。(SDG 3(健康・福祉)、4(教育)、5(ジェンダ)、10(不平等) についても、テーマ対象となると考えますが、各社の人事、総務部門の業務との関係が色濃いため、ここでは割愛します。)


SDG 6(すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する)については、

SDG INDUSTRY MATRIX (産業別SDG手引き) における事例として、「クローズド・ループ型の製造工程の実行と湿式機械加工工程から乾式機械加工工程への切り替え」が掲げられており、まさに製造工程における、工程設計業務として、この観点からの水資源等に関わる見直しが要求されていると考えられる。(加工工程変更等、生産技術的検討要素大)


SDG 8(すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用

およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する)については、同じく「生産におけるヒューマンエラーと事故のリスクを削減する技術に投資する。」とあるように、品質や安全に対するヒューマンエラーの撲滅を目的とした対策の必要性がうたわれており、徹底したPFMEAの推進等がその答えになりうると予想される。(PFMEA参照)


SDG 9(強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、

技術革新の拡大を図る)については、具体的なアプローチの方法は、各社で取り扱う生産品、製造工程の種類により様々であるが、技術革新という観点から、省資源、省エネルギー等に関わる技術革新を進めることの必要性が予測できる。(技術分野でのロードマップ参照)


SDG 12(持続可能な消費と生産のパターンを確保する)については、事例として、「長期間にわたる生産と試作から発生する廃棄物を削減するために、3D印刷などの革新的で効率的な手法」が取り上げられており、まさに、先回コメントした3Dプリンターの活用促進等の重要性がクローズアップされてきている。(3Dプリンター参照)


上記は SDGs の視点から予測される取組みの方向性について一例を述べたものであり、さらに発展した様々な取り組みテーマがあげられてくるものと予想します。

各社における 今後の SDGs としての取り組みの テーマアップ や 推進 に対する支援が、生産技術コンサルティングの対象となります。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SCMについて

SCM(Supply Chain Management) は直訳すれば「供給連鎖管理」となりますが、SCMの方がごく一般的に使用されているようです。 SCMは つまり、原材料・部品調達→生産→物流・流通→販売 の一連のプロセスの連鎖を管理することを意味します。 このSCMはSCのカバーする範囲の全体最適を進めることがその役割となりますが、具体的には、目標品質の達成、目標コストの達成、リードタイムの

ISO審査対応

ISO審査としては、ISO9001(品質マネジメントシステム=QMS)、ISO14001(環境マネジメントシステム=EMS)等、がありますが、その認証取得、定期審査、更新審査関連の対応業務も無視できない負荷になっていると思います。 製造業である限り、生産技術・工場管理部門においてはこのISO審査対応の主要責任部署となるはずです。 一般的に、ISO認証取得のメリットとしては、①企業イメージの向上、②

保全管理について

工場管理の中の大事な業務として、保全管理があります。保全対象としては、工場施設(施設保全)、設備・機械(設備保全)、型・治工具保全(型保全)等がありますが、ここでは主に設備保全を想定した管理活動についてコメントします。 設備保全の主な目的としては、設備の故障を減らす(ゼロにする)、設備の部品の長寿命化、設備の停止時間を最小限にする、物損(不良品)の発生を防止するといった項目があげられます。 設備保