SCMについて

最終更新: 6月25日

SCM(Supply Chain Management) は直訳すれば「供給連鎖管理」となりますが、SCMの方がごく一般的に使用されているようです。 SCMは つまり、原材料・部品調達→生産→物流・流通→販売 の一連のプロセスの連鎖を管理することを意味します。

このSCMはSCのカバーする範囲の全体最適を進めることがその役割となりますが、具体的には、目標品質の達成、目標コストの達成、リードタイムの最適化等のQCDの最適化推進とも言えます。

しかし、このSCMをカバーする範囲は年を追うごとに各工程に複数の企業がリンクする状況になってきており、又、インダストリー4.0で代表する多品種少量生産の時代の到来を予測すると、さらなる複雑化が予想され、これを実行することは、リスク管理の面も含めて 企業の社会的責任が重要視されることにもつながります。

生産技術の業務においても、この課題は無視できない内容であり、SCMの役割・構築の動きに合わせた活動が必須の状況と言えます。

生産技術に直接的に関連する業務としては入庫・保管・出庫等の構内物流、構内在庫、生産ラインにおける対応となりますが、SCMの全体を把握した上での対応が必須となります。

具体的対応内容としては、インダストリー4.0 や SDGs で述べたと同様に、IoT(Internet of Things)、AI(Artificial Intelligence) の活用や、RPA(Robotic Process Automation;ホワイトカラーのデスクワーク(主に定型作業)を、ルールエンジンやAI(人工知能)などの技術を備えたソフトウェアのロボットが代行・自動化する概念)の活用等が望まれており、持続可能な地球にやさしい技術の導入とともに大転換が必要な時期が到来するものと思われます。


このSCMの役割・構築を意識した生産技術関連業務の方向性検討における、指導・支援がコンサルティング対象となります。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ISO審査対応

ISO審査としては、ISO9001(品質マネジメントシステム=QMS)、ISO14001(環境マネジメントシステム=EMS)等、がありますが、その認証取得、定期審査、更新審査関連の対応業務も無視できない負荷になっていると思います。 製造業である限り、生産技術・工場管理部門においてはこのISO審査対応の主要責任部署となるはずです。 一般的に、ISO認証取得のメリットとしては、①企業イメージの向上、②

SDGsについて

SDGs (Sustainable Development Goals;エスディージーズと呼ぶ)は 「持続可能な開発のために国連が定める国際目標」のことでありますが、各製造業としても その目標達成に貢献可能なテーマを掲げて取組みをはじめようとしています。(従来のCSR活動、社会貢献活動も含めて、”SDGs ”や ”サステナビリティ”というかたちで新たにテーマアップされている) 内容的には、生産技術

保全管理について

工場管理の中の大事な業務として、保全管理があります。保全対象としては、工場施設(施設保全)、設備・機械(設備保全)、型・治工具保全(型保全)等がありますが、ここでは主に設備保全を想定した管理活動についてコメントします。 設備保全の主な目的としては、設備の故障を減らす(ゼロにする)、設備の部品の長寿命化、設備の停止時間を最小限にする、物損(不良品)の発生を防止するといった項目があげられます。 設備保