MC加工について

更新日:9月22日

切削加工を行う工作機械として、現在の主流は何といっても MC(マシニングセンタ;Machining Center)です。工作機械として基本となるボール盤、旋盤、フライス盤、そしてかつて主流であった NC (Numerical Control;数値制御)により自動化されたNC旋盤、NCフライス盤等を凌ぎ、さらには切削工具の自動交換機能まで備えたものがMC(マシニングセンタ)です。

MC(マシニングセンタ)があれば、従来複数の加工機を使っていた加工工程が、1台で対応できるようになってきています。

MC(マシニングセンタ)は ダイキャスト、鋳造、成形等の金型の加工、ダイキャスト品、鋳造品等の製品・部品の仕上げ加工等、複雑な形状のものを、様々な機能を駆使して精度よく加工する優れた工作機械です。

MC(マシニングセンタ)には、横形マシニングセンタ、立形マシニングセンタ、門型マシニングセンタ、5軸マシニングセンタなどがあります。

5軸マシニングセンタにいたっては、工作物の付け替えなしで5面加工ができる優れものです。

このMCについては、各社独自の加工対象品に応じた専門性の高い技術が導入・展開されていると思われ、技術支援不要と思われますが、発展的な改善(他技術と関連させた応用展開、生産性向上(作業、自動化等)、品質向上(PFMEA対応、不具合対策等))について、助言できる部分があれば コンサルティング対象とさせていただきます。





4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示