ISO審査対応

ISO審査としては、ISO9001(品質マネジメントシステム=QMS)、ISO14001(環境マネジメントシステム=EMS)等、がありますが、その認証取得、定期審査、更新審査関連の対応業務も無視できない負荷になっていると思います。

製造業である限り、生産技術・工場管理部門においてはこのISO審査対応の主要責任部署となるはずです。

一般的に、ISO認証取得のメリットとしては、①企業イメージの向上、②顧客との契約が有利となる、③責任と権限が明確になる、④社内標準化が進む、⑤社内体質が強化される、⑥同業他社との差別化ができる、⑦顧客監査が減る 等、があげられますが、一方では(形だけの)準備、つじつま合わせ等の負荷が増え、かえってロスが多くなっている状況等も見受けられます。

このロスを極力少なくするためには、ISOの各要求事項を的確に解釈し、自社の特長、目指すべき姿、実状に合わせてうまく活用していくことにより、ISOを外部要因(きっかけ)とした自社の体質改善に結び付け、かつ、自社の業務とうまく融合(同期)させたロスの少ない効率的な運用につなげることが重要であると思います。

当方のコンサルティングとしては、ISO審査に関連させた「QMS構築」のカテゴリーでの対象項目(生技・生産関連要領・仕組み)の構築はもとより、ISO審査対応業務においての指導・支援についても生産技術コンサルティング対象とします。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SCMについて

SCM(Supply Chain Management) は直訳すれば「供給連鎖管理」となりますが、SCMの方がごく一般的に使用されているようです。 SCMは つまり、原材料・部品調達→生産→物流・流通→販売 の一連のプロセスの連鎖を管理することを意味します。 このSCMはSCのカバーする範囲の全体最適を進めることがその役割となりますが、具体的には、目標品質の達成、目標コストの達成、リードタイムの

SDGsについて

SDGs (Sustainable Development Goals;エスディージーズと呼ぶ)は 「持続可能な開発のために国連が定める国際目標」のことでありますが、各製造業としても その目標達成に貢献可能なテーマを掲げて取組みをはじめようとしています。(従来のCSR活動、社会貢献活動も含めて、”SDGs ”や ”サステナビリティ”というかたちで新たにテーマアップされている) 内容的には、生産技術

保全管理について

工場管理の中の大事な業務として、保全管理があります。保全対象としては、工場施設(施設保全)、設備・機械(設備保全)、型・治工具保全(型保全)等がありますが、ここでは主に設備保全を想定した管理活動についてコメントします。 設備保全の主な目的としては、設備の故障を減らす(ゼロにする)、設備の部品の長寿命化、設備の停止時間を最小限にする、物損(不良品)の発生を防止するといった項目があげられます。 設備保