AGVについて

工場の物流・在庫管理において、最適物流・最小在庫を目指すことは、工場管理の重要な項目となりますが、その道具として、AGV(Automated guided vehicle;無人搬送車)を活用することは一つの有効な手段となります。

経験から言えば、AGVシステムを導入するために、工場の従来物流を見直すきっかけとなるという意味でも大きな価値があると考えます。(工場改革の良い機会となる)

工場の構内搬送を事例として挙げるならば、AGVは部品・素材搬送・供給、工程間搬送、製品の出荷場への搬送等に対し、①搬送ルートの改善検討による最適物流化、②小ロット、多回運搬の実現による工場内最小在庫化 ③①,②の検討推進に伴う前後工程(仕入先納入便、出荷便等)の改善のきっかけになる・・等の効果が期待できます。

一般的に、AGVに要求される要件は、走行スピード、ルート変更の容易性(変更の仕組み、小回りの利く動き)、受け渡しの自動化、メンテナンス性、充電装置の交換容易性等があげられますが、多回運搬を具現化するためには、投資効果に見合うコストも重要な要素となります。

AGVシステムを スマートに かつ 継続的改善に結び付く形となるように 導入するためには しっかりとした 事前検討が必要になります。

このAGV導入に対する方向性検討が、コンサルティング対象となります。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SCMについて

SCM(Supply Chain Management) は直訳すれば「供給連鎖管理」となりますが、SCMの方がごく一般的に使用されているようです。 SCMは つまり、原材料・部品調達→生産→物流・流通→販売 の一連のプロセスの連鎖を管理することを意味します。 このSCMはSCのカバーする範囲の全体最適を進めることがその役割となりますが、具体的には、目標品質の達成、目標コストの達成、リードタイムの

ISO審査対応

ISO審査としては、ISO9001(品質マネジメントシステム=QMS)、ISO14001(環境マネジメントシステム=EMS)等、がありますが、その認証取得、定期審査、更新審査関連の対応業務も無視できない負荷になっていると思います。 製造業である限り、生産技術・工場管理部門においてはこのISO審査対応の主要責任部署となるはずです。 一般的に、ISO認証取得のメリットとしては、①企業イメージの向上、②

SDGsについて

SDGs (Sustainable Development Goals;エスディージーズと呼ぶ)は 「持続可能な開発のために国連が定める国際目標」のことでありますが、各製造業としても その目標達成に貢献可能なテーマを掲げて取組みをはじめようとしています。(従来のCSR活動、社会貢献活動も含めて、”SDGs ”や ”サステナビリティ”というかたちで新たにテーマアップされている) 内容的には、生産技術