QC工程表について

最終更新: 3月7日

QC工程表は、基本的には製品が順序だてて処理(加工、検査等)されるすべての製造工程の管理方法(条件管理項目、出来映え管理項目)を記述した表をいう。

生産技術部署が作成すべきQC工程表(工程管理表、工程管理明細書等)については、生産工程で管理すべきすべての基本情報が入ったものであるべきであり、管理項目の羅列だけではなく、加工する上での、道具立て(設備、治具、工具)に関する情報、製品・部品・副資材情報、作業上の注意点、チェック、検査内容、カンコツに至るまで表記すべきと考えます。

これは現場作業者が作成・管理する作業標準書(作業要領書)の基本になるものであり、生産技術(工程設計者)が意図した工程設計情報をすべて織り込むことが重要である。

(会社によっては、組織・役割の分担上、工程管理表(工程管理明細書)、作業標準書(作業要領書)を一つにしたような形になることはあるが、いずれにしても内容的に情報を一元化したものが必要であるべきということです。)

このようなQC工程表関連のあるべき姿に対する 指導・支援を コンサルティング対象とします。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

初期流動管理について

先に新製品対応についてにて、新製品対応としての取り組み方について述べたが、ここでは具体的に(新規・類似を含めた)新製品のQCD目標達成に向けた活動として、一般に「初期流動管理」と言われるものの進め方について述べる。(初期流動管理は関連するすべての部署(設計、品保、生管、生産、生技等)が取り組むものであるが、ここでは生産技術の側面から見た内容を中心として述べる。) 仮に、0次、1次、2次、3次という

PFMEAの重要度設定と対策推進

PFMEAの重要度設定と対策推進についてコメントします。PFMEA分析(PFMEAについて)の中で、先に PFMEAの工程抽出、PFMEAの故障モード、PFMEAの影響度合い設定、PFMEAの発生度合い設定、PFMEAの検出度合い設定で述べた工程ごとに設定された故障モードに対する各評価点をもとにその重要度設定を行う作業が、重要度(危険優先指数)設定となります。 (この重要度は正式には、危険優先指数

PFMEAの検出度合い設定

PFMEAの検出度合い設定についてコメントします。PFMEA分析(PFMEAについて)の中で、先に PFMEAの工程抽出、PFMEAの故障モード、PFMEAの影響度合い設定、PFMEAの発生度合い設定で述べた工程ごとに設定された故障モードに対し、その検出度合いを設定する作業が、検出度合い設定となります。 検出度合いは 各故障モードが自工程、後工程でどのような形(容易さ)で検出できるかを点数で表し評