IoTについて

先に取り上げたインダストリー4.0の中で「第4次産業革命は一言でいうとスマート工場の実現」であり、「今話題になっている IoT (Internet of Things)つまり、モノとモノとがセンサーなどによりインターネットでつながっている社会の実現」がベースになっているという話でしたが、ここでそのキーワードとなっているIoTについて、製造業を対象とする生産技術面から見た導入の進め方についてコメントします。(具体的には多くの設備が製造業で使用されていることから、ここでは設備をモノということで検証する。)


IoTを進めるうえで、一般的に ①データの可視化、②状態の可視化(有効性確認)、③最適化、④自律化 を検討する必要があると言われています。

以下順に述べると、・・・

①データの可視化とは、モノから得られた情報(データ)を見える化し、人が理解しやすい形にすることです。設備の話でいうと、設備に取り付けた各種センサー(振動、音・超音波、光、位置、姿勢、温度、画像、消費電力等)からの信号を適切に処理し、技術者が判断しやすい形に表示させることと言えます。


②状態の可視化とは、①で得られた情報を対象業務において有効性のある価値として見出し表現することです。(「状態の可視化」は一般的には複雑に絡み合った“状態”を、ビッグデータをもとに可視化する(再現する)ことを意味します。)設備の話でいうと、①で得られた様々な設備情報を実際の業務に関連させ、今後の改善に有効となる設備情報としてとらえる活動と言えます。(設備で言えば、センサー情報(Input)と 設備稼働情報(Output)との関係性をつかんで、今後の生産性向上 や 予防保全効率向上に役立てる等がそれにあたると思われます。)


③最適化とは、②での状態の可視化がかなり進んだ段階で、経営資源として総合的に判断し最適化を進めることです。数多くの設備からのセンサー情報、設備稼働情報はもとより、工場・会社全体の関連情報等を含めた形での収益性の最適化を進めることが重要であり、サイバー空間上ではそのシミュレーションが可能であるという発想です。


④自律化とは、③で最適化を試みたとしても、常にその(最適)状態を維持できるものではなく、常に試行錯誤、フィードバックすることのできる仕組みを織り込りこんでおくことが重要であり、そのために情報の範囲を的確に変えていく等のことも含めて自律化していくことです。


以上のような、IoTの導入においては、このように各ステップ毎の姿をしっかり想定しておくことが重要でありますが、だからと言って躊躇することなく、最初の一歩を踏み出すこともまた重要です。(大きな潮流に乗り遅れないためにまずやってみる。上記の検討は走りながらでも可能!)

このIoTの導入に関連し、その手順・やり方、方向性検討・推進等に対する支援・指導がコンサルティング対象となります。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Pythonの活用

Python(パイソン)はプログラム言語の一つであり、この言語の特徴としては「コードが読みやすい」「汎用的に使える」「オープンソース(全世界に公開)で充実したライブラリ(特定の機能を持ったプログラムの集まり)がそろっている」などですが、何といっても その用途として、AI(人工知能;機械学習、深層学習)に活用できるというメリットがあります。 AI導入のスモールステップとして、このPythonを用いて

失敗学の活用

失敗学または失敗工学 とは、「事故や失敗が発生した原因を解明し、(将来)経済的な打撃をもたらしたり人命に関わるような重大な事故や失敗が起きることを未然に防ぐための方策を追求する学問」であり 。ここでいう 失敗とは、「人間が関わった一つの行為が、望ましくない、あるいは期待しないものになること」と定義されています。 (失敗には、個々人の責任範囲、組織運営範囲、企業運営範囲・・等の階層がありますが、ここ

インダストリー4.0について

インダストリー4.0は「第4の産業革命」のことをさしていますが、ドイツやアメリカなどの欧米諸国で活発化している取り組みであり、ネットワークで情報をつなぎ、コンピューター、人工知能等を活用して生産や流通などの自動化を最適なレベルにまで引き上げるというものです。 第1次産業革命~第3次産業革命について簡単に述べると、 第1次産業革命は水力、蒸気機関を活用した機械設備の導入、第2次産業革命は大量生産、