AI導入について

最終更新: 4月27日

AI (Artificial Intelligence)つまり人工知能の製造会社への活用の可能性検討についてコメントします。

AI は近年、様々な分野に活用されはじめてきておりますが、部品や製品を製造する会社として具体的にどのような活用の可能性があるかを検証しておくことは、近い将来の革新的な技術、品質、コスト向上を目指すうえで、重要な項目になりつつあると考えられます。

AI(人工知能)を簡単に定義づけするならば、人間の脳の構造をモデルにした、人間の脳のように働くプログラムのことであり、人間のように、失敗から学習して最適な結果を導けることが大きな特徴です。

製造業として、このAIという特徴的な道具立てを活用する方向性としてどんなことが考えられるでしょうか? 例えば・・・

 ①各製造会社の得意分野(技術分野)をさらに向上させるための手段として、工法検討に使用 ・・・【技術向上】

 ②(各社の加工分野に見合った)PFMEAの解析を AIにより、正確に実施(PFMEAの予測精度を格段に向上させる)・・・【品質向上】

 ③人による目視検査を自動視覚検査に置き換えるときのAIによる適正な評価実施(完全な目視検査人員削減実施)・・・【品質・コスト改善】

 ④AIを使用した設備故障予測診断による、メンテナンスロス、設備稼働率の格段の向上

     ・・・【コスト改善】

 ⑤生産数予測、社内加工手番予測、仕入先加工手番予測等のAI分析による在庫ミニマム管理、ジャストインタイム生産等の実現 ・・・【物流コスト、品質向上】

 のような、様々な活用の可能性が見込まれます。

いずれにしても、早い段階から、これらの活用を予測した、様々な関連情報、データの集約を行うことが不可欠となります。(AIが学ぶことができる情報の事前蓄積)

このAI導入計画に対する、方向性検討等が コンサルティング対象となります。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Pythonの活用

Python(パイソン)はプログラム言語の一つであり、この言語の特徴としては「コードが読みやすい」「汎用的に使える」「オープンソース(全世界に公開)で充実したライブラリ(特定の機能を持ったプログラムの集まり)がそろっている」などですが、何といっても その用途として、AI(人工知能;機械学習、深層学習)に活用できるというメリットがあります。 AI導入のスモールステップとして、このPythonを用いて

IoTについて

先に取り上げたインダストリー4.0の中で「第4次産業革命は一言でいうとスマート工場の実現」であり、「今話題になっている IoT (Internet of Things)つまり、モノとモノとがセンサーなどによりインターネットでつながっている社会の実現」がベースになっているという話でしたが、ここでそのキーワードとなっているIoTについて、製造業を対象とする生産技術面から見た導入の進め方についてコメン

失敗学の活用

失敗学または失敗工学 とは、「事故や失敗が発生した原因を解明し、(将来)経済的な打撃をもたらしたり人命に関わるような重大な事故や失敗が起きることを未然に防ぐための方策を追求する学問」であり 。ここでいう 失敗とは、「人間が関わった一つの行為が、望ましくない、あるいは期待しないものになること」と定義されています。 (失敗には、個々人の責任範囲、組織運営範囲、企業運営範囲・・等の階層がありますが、ここ