1ケ流し流動活動について

更新日:9月14日

一般的に ロット流動に対し、1ケ流し流動のメリットは リードタイムの最短化、仕掛り品の最小化、大量不良の防止、ラインバランスの修正が容易、生産性の向上がのぞめる等 のことがうたわれており、そのためにも、標準作業表を作成し、常に改善を検討し、生産現場として効率の良い作業ができるようにしていくことが重要とされています。

生産技術部署としては、生まれの良いライン作りをする上で、工程設計者がライン構成、設備仕様を検討する段階で、上記を踏まえた要素を織り込んでおくことが重要であると考えます。

このような1ケ流し流動を配慮した工程設計上の検討内容がコンサルティング対象となります。







13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示