高周波溶着について

更新日:9月18日

高周波溶着加工は組立加工の一種で、樹脂部品どうしを(必要部分を)溶着・固定させる工法の一つであり、樹脂部品どうしの固定と気密性確保等を目的として採用される工法である。

高周波溶着加工には、プラスチックの誘電損失を利用した「誘電溶着」と、誘導磁界により磁気損失でまず金属を発熱させ間接的にプラスチックを溶融して圧着・溶着する「誘導溶着」があります。

誘電溶着は他の溶着方法とは異なり、プラスチック自体の高周波損失や分子運動による発熱で溶融・溶着することを利用しています。

誘導溶着は、プラスチックの接合部に金属線を入れ、高周波でその金属線を電磁誘導で熱し溶融させた後、圧力をかけて溶着する方法です。この方法は、比較的、制御性や良好な応答速度、非接触加熱、局部加熱等の利点の多い方法です。

この高周波溶着については、応用可能な製品への適用検討等、助言できる部分があれば、コンサルティング対象となります。




4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示