面積創出活動について

更新日:9月23日

会社は常に活動・変動していく要素を持っており、何をするにしても場所(面積)は会社として重要な資産です。その資産を円滑に運用していくことは会社として大切な業務となります。特に今後必要となる面積を生み出していくことを意識しながらコントロールしていくことが「面積創出活動」の根幹です。数年先を見通して面積(レイアウト)の最適化を検討すること。又、時には突発の対応に対しても、関係部署と調整しながらスムーズに進めていくことを使命としてかかわる部署(又は役割)は、会社として必要と考えられます。活動の中では常に面積、物流、在庫、環境等を考慮しながら進めていくことがキーポイントとなります。

このような役割・進め方を対象となる会社において、実践支援・定着化推進していくことが、コンサルティング対象となります。




20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示