鍛造加工について

更新日:9月22日

鍛造加工(Forging)は、固体の金属材料を工具、金型などを用いて圧縮又は打撃、鍛錬をして部品に成形する塑性加工法の一つです。

鍛造加工する時の素材の温度によって、熱間鍛造(自由鍛造、型鍛造、ロール鍛造等)と 冷間鍛造(ニアネットシェイプ鍛造等)に分類されます。

鍛造加工の加工法には、据え込み(圧縮力を加えて高さを減少;鍛造の基本)、軸(容器)の前方(後方)押出し、側方押出し(パンチ進行方向と直角に押し出す)などがあります。

鍛造プレスとしては、クランクプレス、ナックルジョイントプレス(冷間鍛造向き)、フォーマ(クランク機構を利用した多段プレス)などがあります。

フォーマは線状コイル素材を2~4組のロールではさみ、線の曲がりを矯正したのち、切断、据え込み、さらに多工程の鍛造加工を高速で実施可能とした完全自動鍛造機となっています。

この鍛造加工技術については、上記のように、確立された分野ではありますが、各加工法への応用技術として活用可能であると思われるため、コンサルティング対象としても取り上げてみたいと思います。




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示