設備管理について

更新日:9月23日

工場管理の重要な項目として、設備管理があります。製造会社である以上、保有設備に関する管理業務は、会社の損益にも大きな影響を及ぼします。新規投資設備に関すること(投資計画、投資効率、導入日程管理)、保有設備に関すること(稼働状況、保全状況、遊休機活用、廃却検討等)、損益関連の償却費率推移等 様々ですが、現状把握にとどまらず、特に常に変動する状況確認として、設備投資計画策定や進捗管理(設備審議会)、設備廃却計画策定及び進捗管理、遊休設備の保管状況、有効活用状況、廃却促進状況等の管理業務 等々のきめ細かな管理が重要と考えます。

(TOPが常に確認・管理できる姿)ができていることが重要であり、それらに対する検討や、維持管理方法の定着化がコンサルティング対象となります。




4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示