視覚検査について

製品・部品の出来映え検査で、ごく一般的におこなわれている内容として、製品の外観を目視で検査する工程があります。その検査を視覚装置により、自動検査工程に置き換えることは省人化を目的に日常的に行われることです。ここでは、この自動化された外観検査工程を視覚検査と呼称します。

外観検査対象は、異品・欠品確認や 傷、欠け、汚れ確認等 様々です。いずれにしても、それらを自動化するためには、今まで人が行っていた良品・不良品の判別基準を明確化しておく必要があります。逆に言えば、自動化を検討することにより、良否基準を明確化し、(自動化により、ヒューマンエラーをなくすことにより)品質向上を狙う良い機会になるとも言えます。この判定基準をいかに定量評価基準に置き換えるか検討することや、どういう手順で省人化を達成させるかを検討することが視覚装置化の重要な要素となります。

この視覚検査の導入方法、管理方法等に関する 教育・指導・支援が コンサルティング対象となります。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ばね加工について

「ばね」は、「たわみを与えたときにエネルギーを蓄積し、それを解除したときに内部に蓄積されたエネルギーを戻すように設計した機械要素」と定義できますが、そのばねにも様々な種類があります。 形による分類では、コイルばね、渦巻きばね、皿ばね、板ばね・・・等がありますが、ここでは比較的小物のコイルばね(線、棒状または板状の材料をらせん状に成形したばね)を取り上げてコメントします。(特に圧縮ばねとして自動車部

洗浄工程について(2)

洗浄工程について(1)では、製品・部品として要求される清浄度に対応するための洗浄工程について述べたが、もっと広く洗浄工程を検討するならば、部品加工~ SubAssy加工~ Assy組立の全工程で、常に次工程に送る前に次工程以降に影響のない清浄度にしておく必要性があることから、すべての工程において最適な洗浄方法が検討される必要があり、 つまり、洗浄という処理工程は最もひろく(加工工程すべてに対して)

鍛造加工について

鍛造加工(Forging)は、固体の金属材料を工具、金型などを用いて圧縮又は打撃、鍛錬をして部品に成形する塑性加工法の一つです。 鍛造加工する時の素材の温度によって、熱間鍛造(自由鍛造、型鍛造、ロール鍛造等)と 冷間鍛造(ニアネットシェイプ鍛造等)に分類されます。 鍛造加工の加工法には、据え込み(圧縮力を加えて高さを減少;鍛造の基本)、軸(容器)の前方(後方)押出し、側方押出し(パンチ進行方向と直