旋盤加工について

更新日:9月23日

機械加工の加工方法の一つである切削加工を行う工作機械の一つである旋盤による加工として旋盤加工がある。

旋盤加工は回転する工作物に刃物台に取り付けたバイトに切込みと送りを与えて切削する加工方法であり、主に断面を円形に切削することを目的として使用されます。

旋盤の基本的な取付作業として、工作物の長さが直径と比較し長いものの場合はセンター作業(工作物を主軸の回りセンターと心押台のセンターによって支持する)、直径が大きいものはチャック作業(チャックを用いて工作物を取付けする)があります。

基本的な加工作業として、外丸削り、端面削り、突切り、溝削り、テーパー削り、穴あけ、中ぐり、おねじ切り、めねじ切り、曲面削り、総形削り、ローレット削り等があります。

加工条件としては、切削速度(バイトに対する工作物の被削面の周速度)、切込み(バイトが工作物に食い込む深さ)と送り(工作物が1回転する間にバイトが動く距離)があります。(切込みと送りの積を切削面積と呼び、この値が大きいと切削効率が良いことになります。)

旋盤加工については、最もポピュラーな加工方法であり、特に技術面での支援は不要と考えますが、生産性向上、品質向上面等で助言できる部分があれば コンサルティング対象とさせていただきます。




9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示