新QCの7つ道具について

生産技術関連教育・指導対象として、「新QCの7つ道具」があります。「QCの7つ道具」は主に統計データ等の数値データを分析することで活用されるものでしたが、新QCの7つ道具は主に言語データ(事実データ、意見データ、発想データ等)を分析することによる活用方法となります。

新QCの7つの道具とは、親和図法連関図法系統図法マトリックス図法マトリックスデータ解析法PDPC法アロー・ダイアグラム法と言われています。


親和図法

 混沌とした状況の中から解決すべき課題を明らかにすることを目的に、混沌とした状況の中から収集した言語データを相互の親和性により統合し問題を明確化する手法である。

各方面での事実認識、方針策定、現状打破、組織活性化、思想構築等に有効であり、言語データ抽出にあたっては、新QCの7つ道具の中では唯一、右脳(直観的、感情的、総合的思考)の働きを重視したものと言われている。

 ; 課題設定


②連関図法

 問題の深層に潜む重要要因を明らかにすることを目的に、複雑な要因の絡み合う問題について、その因果関係を明らかにし、適切な解決策を見出すという手法である。

つまり、上記①で得られた課題に対し、その要因分析の一つとしてに使用されることが望まれる。

 ; 要因分析


③系統図法

 課題を達成したり、重要要因を解決したりするための方策や手段を抽出することを目的として、目的・目標を達成するために必要な手段・方策を系統的に展開した系統図により、問題の全貌に一覧性を与えて達成の手段・方策を追求するという手法である。

 ; 達成の手段・方策検討


④マトリックス図法

 課題ー方策の関連、問題ー原因ー対策の関連を鳥瞰することで、最適策を選定することを目的に、問題としている事象の中から対になる要素を見つけ出し、行と列に配置し、これらの交点から着想のポイントを得て解決策を見出す手法である。

 ; 最適策を選定


⑤マトリックスデータ解析法

 マトリックス図法における要素間の関連が定量化できた場合、そこで得られた数値データを解析し、問題の深堀をすることを目的に、計算によって見通し良く整理する方法である。

新QCの7つ道具の中では、唯一の数値データ解析法である。(多変量解析の一つ)

 ; マトリックス図法の数値解析


⑥PDPC法

 PDPC( Process Decision Program Chart ;過程決定計画図))は 実行段階で発生する不測の事態に備えることを目的に、実行計画そのものが計画通り実施できるか予測できない形態の問題に対し、考えられる様々な結果を予測し、できるだけ望ましい結果に導く方法である。

 ; 不測事態の予測


⑦アロー・ダイアグラム法

 得られた最適手段を実施に移す実行計画を策定するものであり、日程計画を推進していくうえで必要とする作業の関連をいくつもつなぎ合わせてネットワークを構成した図(矢印図)である。

 ; 実行計画の策定


                      (以上 一部インターネット検索・抜粋)


新QCの7つ道具は、上記のように、方針策定、方針管理等への活用が期待できる手段であり、活用が可能なレベルになるまでにはかなりの努力は要するものの、一旦 定着すれば、企業として戦略的な技術革新等が実現できる有力な道具となる。この道具の活用検討、定着化推進等、教育・指導していくことが、コンサルティング対象となります。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

失敗学の活用

失敗学または失敗工学 とは、「事故や失敗が発生した原因を解明し、(将来)経済的な打撃をもたらしたり人命に関わるような重大な事故や失敗が起きることを未然に防ぐための方策を追求する学問」であり 。ここでいう 失敗とは、「人間が関わった一つの行為が、望ましくない、あるいは期待しないものになること」と定義されています。 (失敗には、個々人の責任範囲、組織運営範囲、企業運営範囲・・等の階層がありますが、ここ

インダストリー4.0について

インダストリー4.0は「第4の産業革命」のことをさしていますが、ドイツやアメリカなどの欧米諸国で活発化している取り組みであり、ネットワークで情報をつなぎ、コンピューター、人工知能等を活用して生産や流通などの自動化を最適なレベルにまで引き上げるというものです。 第1次産業革命~第3次産業革命について簡単に述べると、 第1次産業革命は水力、蒸気機関を活用した機械設備の導入、第2次産業革命は大量生産、

技術英文について

技術英語(Technical English)使用の必要性は、あらゆる業種においてたかまりつつあり、関連する業種の情報入手のための技術英文の読解、自社の関連技術の紹介やプレゼンのための技術英文の作成等の機会も今後ますます多くなることが予想され、特に技術英文作成能力は担当技術者自らが誤解のない正確な情報発信を行う上で必要不可欠なものとなってきています。 生産技術分野においても例外ではなく、自社の生産