工程設計計画要領について

更新日:9月23日

生産技術関連の仕事の進め方を要領化し、実施すべき業務内容を明確にしておくことは重要である。今回は「仮称;工程設計計画要領」について事例として取り上げる。

新事業であれ、新製品であれ、又、合理化対応であれ、流動上の(一定以上の)変化点として計画されたものは、その計画を遂行するための目標設定が必要となる。

工程設計業務としての目標は、投資額、流動許容数(MT等)、加工コスト(工数)、レイアウト(必要面積、物流)、目標品質(目標不良率)等 を明確にし、それをいつまでに実行するかということになる。これらの目標設定内容を業務要領としてルール化することが「工程設計計画要領」設定の目的となる。

このような目標設定に関わる内容の支援がコンサルティング対象となります。




12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示