工数低減活動について

更新日:9月19日

生産ラインでの改善活動の中で、生産コスト削減を要求される場合が多く、年度方針としての改善目標の推進活動も日常的に行われていることと思われる。改善対象としては、生産コストの中の、作業者工数低減がその一つであり、直接的な効果に結び付くものである。小さなものは、作業項目削減、作業手順の削減、治具改善等による作業者工数の部分削減から、大きなものは、作業内容そのものを自動化する合理化設備導入による人員削減まで様々考えられるが、実質効果に結び付けるためには、可能性の検討、事前調整、社内審議、準備等が必要となる。

この工数低減活動の進め方、実行推進等に関わる 支援・指導が コンサルティング対象となります。




9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示