工場環境管理について

工場管理の中の重要な業務の一つとして、工場環境管理がある。先に述べたクリーン度管理は、この工場環境管理の一部として必要要件となる。ただし、クリーン度は製造工場における作業空間の異物(粒子)環境の程度を指し、(生産品に見合った)適正なクリーン度であることが製品によって要求される場合があり、そのための管理であったが、工場環境管理の対象はより広く、その内容に加え、作業環境対策 や 公害防止対策 の関係が追加された内容となる。

これらは法的な意味から順守すべきことはもちろん、企業イメージを大きく左右する意味合いも強いことから、重要な管理対象といえる。これらの管理対象を順守していくためには、専門知識を有した生産技術者の存在はもとより、維持・改善に対する広い知識・経験が必要になる場合が多いと考えられる。

クリーンで働きやすい工場環境作りは、製造業として必要不可欠な要素である。その推進のためには、法的に定められ、(おそらく)すでに実施中の安全環境衛生委員会の組織を中心とした各部署の協力、TOPの指示のもと、さらにレベルアップした形に作り上げていく必要がある。(すでに構築され、優れた管理状況であればこの限りではありませんが・・)

このような 工場環境管理の改善促進に対する 指導・支援が コンサルティング対象となります。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SCMについて

SCM(Supply Chain Management) は直訳すれば「供給連鎖管理」となりますが、SCMの方がごく一般的に使用されているようです。 SCMは つまり、原材料・部品調達→生産→物流・流通→販売 の一連のプロセスの連鎖を管理することを意味します。 このSCMはSCのカバーする範囲の全体最適を進めることがその役割となりますが、具体的には、目標品質の達成、目標コストの達成、リードタイムの

ISO審査対応

ISO審査としては、ISO9001(品質マネジメントシステム=QMS)、ISO14001(環境マネジメントシステム=EMS)等、がありますが、その認証取得、定期審査、更新審査関連の対応業務も無視できない負荷になっていると思います。 製造業である限り、生産技術・工場管理部門においてはこのISO審査対応の主要責任部署となるはずです。 一般的に、ISO認証取得のメリットとしては、①企業イメージの向上、②

SDGsについて

SDGs (Sustainable Development Goals;エスディージーズと呼ぶ)は 「持続可能な開発のために国連が定める国際目標」のことでありますが、各製造業としても その目標達成に貢献可能なテーマを掲げて取組みをはじめようとしています。(従来のCSR活動、社会貢献活動も含めて、”SDGs ”や ”サステナビリティ”というかたちで新たにテーマアップされている) 内容的には、生産技術