圧入加工について

更新日:10月17日

圧入加工とは組付け加工の一種であり、主に金属部品どうしを締結させるために、加圧力を加えて一体化させる工程です。圧入部はそのほとんどが円形(円筒形)であり、嵌合代を設けて行います。一般的には加工条件として一定の加圧力、加圧スピードで圧入を行い、出来映えとしての圧入寸法を確保するためにストッパー(ワークストッパー、外部(治具)ストッパー)を設けて行います。嵌合代のバラツキ等を考慮した、条件設定、不良品払い出し機構等を工程設計上、検討する必要があります。

このような圧入加工における工程設計上の検討内容がコンサルティング対象となります。






12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示