切削加工について

更新日:9月23日

切削加工は除去加工(機械加工、特殊加工(放電加工、電解加工))の一つである機械加工(切削加工、研削加工、研磨加工)の中の一つとして分類される加工方法であり、切削工具を使用して工作物(ワーク)を削る工法である。他の機械加工である研削加工、研磨加工と比較し加工する手段としての制御性は高いが、仕上げ面粗さは低く、加工変質は多いという傾向がみうけられる。

切削加工を行う代表的な工作機械は ボール盤、旋盤、フライス盤が基本ですが、 NC(Numerical Control;数値制御)により 自動化されたNC旋盤、NCフライス盤により量産加工が可能となり、現在では、切削工具の自動交換機能を備えた「ターニングセンター」、「マシニングセンター」が主力になってきています。

切削工程には様々な道具立て(切削工具(種類、材質)、ツーリング、治具、測定具)が必要となり、それぞれ日々進化を遂げていますが、加工品品質(加工部寸法、面粗さ等)を確保するためには、入念な加工条件設定(回転数、切削速度、送り量、送り速度、切込み深さ等)が必要となります。

この切削加工については、各社独自の加工対象品に応じた専門性の高い技術が導入・展開されていると思われますが、発展的な改善(他技術と関連させた応用展開、生産性向上(作業、自動化等)、品質向上(PFMEA対応、不具合対策等))について、助言できる部分があれば コンサルティング対象とさせていただきます。




13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示