会議の在り方について

更新日:9月23日

生技業務に限らず、適切な 会議設定会議進行会議議事録の作成・発行 することは 様々な課題推進、解決に結び付く手段となりうる。複数部署が関係する課題、TOPの関心のある課題は、特に関係部署の意見交換・調整・合意が必要となり、効率よく進める必要がある。

常に課題解決の方向性を模索し、会議の事前準備(会議資料設定、報告準備依頼)を行い、効率の良い会議進行(メンバー設定、会議目的周知、時間管理、場所設定等)を行うとともに、会議議事録(会議内で周知、方向性の合意、宿題(アクションアイテム)の担当・期日合意等)作成、即日発行等 そのやり方の良しあしが、課題解決のスピードを左右するといっても過言ではないと考える。

生産技術業務においても、関連部署(時には社外メーカ)との調整・合意が必要となる機会は多く、この能力は極めて重要となる。

生産技術関連の会議の在り方に対するレベルアップ内容の 指導・支援 が コンサルティング対象となります。




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示