ロボット導入について

更新日:9月22日

ロボットのカテゴリーとしてはいろいろありますが、対象となるのは必然的に製造業として主に使用されている産業用ロボットであり、これについてコメントします。

産業用ロボットを定義づけると ”自動制御によるマニピュレーション機能または移動機能を持ち、各種の作業をプログラムにより実行でき、産業に使用される機械 ”となります。(JISによる定義)

一方、ロボット政策研究会(経済産業省)においては、”「センサ」「知能・制御」「駆動系」の3つの要素技術(ロボットの3条件)により知能化された機械システム”とも定義づけされています。

産業用ロボットの種類としては、垂直多関節ロボット、水平多関節ロボット(スカラロボット)、直角座標ロボット(ガントリーロボット)、パラレルリンクロボットのように分類されます。

製造業分野でこれらのロボットが使用される事例として、溶接・塗装システム、研磨・バリ取りシステム、入出荷システム、作業支援、組立システムなどがあり、すでに様々な分野で活用されています。

これら実績のある工程に対しては、それぞれ対投資効果を算出してロボット導入の可否判断が行われます。(実績ある工程は ある程度、予測・判断が可能)

一方、実績の少ない加工対象、作業内容へのロボット導入については、一見、従来ロボットには不向きと考えられる工程もあるかと思いますが、ちょっとした工夫で可能になる場合も多々存在します。(作業の単純化、標準化、治具化等で克服可能)

これらのロボット導入に対する方向性検討等がコンサルティング対象となります。





8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示