ラインレイアウト作成要領について

更新日:9月23日

生産ラインとして、個々の設備を配置し、作業者の作業効率にも影響大であるラインレイアウト作成のルール化の必要性について言及する。

生産技術業務のライン投資計画の一つとして、生産計画、工程系統図、設備・治具投資計画、設置場所計画等とともに、ラインレイアウト計画を作成する必要がある。

検討内容として、工場全体の物流を考慮(もちろんライン内物流効率も配慮)し、作業者の(動線)効率、流動方法、面積効率、安全環境影響等も検討したうえで、関連部署も納得した形で計画するべき内容である。

設備を設置してからの変更はコスト、品質、日程面からも大きなロスとなり好ましくないため、計画段階での十分な検討が必須であり、そのためにもルールで抑え、実行できる体制を構築しておくべきと考えられる。

このラインレイアウト作成関係のルール化に対し、方向性、実施手順、調整手順等に関しての支援・指導が コンサルティング対象となります。




7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示