FP(foolproof;ポカヨケ)について

更新日:9月23日

PFMEA等の活動から検討されてきたFP(ポカヨケ)は特にヒューマンエラー対応として有効な手段となります。異品、欠品、逆組み、工程飛び等々 お金をかけずに対応する仕組みづくりが重要です。作業工数に影響せず、つまり作業を阻害しないやり方が優れたFPであり、又、いつか使われなくなるようなことでは意味がなく、それを維持管理する仕組み作りも大切となります。

PFMEAからの対策項目(Action Item)の実践として、有効な手段となりうるFP(ポカヨケ)が現場に活用できるように根付かせることが、コンサルティング対象となります。


(参考ブログ) PFMEAPFMEAの対策推進




63回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示