ベンチマーキングについて

ベンチマーキング(Benchmarking)とは「国や企業等が製品、サービス、プロセス、慣行を継続的に測定し、優れた競合他社やその他の優良企業のパフォーマンスと比較・分析する活動」を意味しますが、新製品開発、技術革新を行う際の一つの方策として、このベンチマーキングは有効であり、又、継続的な産技術力向上、コストダウン・品質向上活動においても非常に効果的な手段であるといえます。(ティアダウン(Tear Down、英語:strip down)とほぼ同じ意味合いであり、また、先に取り上げたリバースエンジニアリング(Reverse engineering)とも同義になります。)

このベンチマーキングの基本的な手順は、①対象品の調査・選定、②対象品の入手、③対象品の分解(製品の場合は分解前に性能、構造等の確認要)、④部品レベルでの詳細調査(材質、寸法、工法分析)、⑤④の調査結果の自社品との比較検証、⑥自社製品・部品工法への反映、という形となります。

特に、④の部品レベルでの調査では、材質・寸法の詳細分析はもとより、自社の工法と何が違うか(優劣確認)を見極めるためのミクロ観察のやり方、実証等が鍵となるため、あらかじめ十分な試験・検査装置等の準備体制が重要となります。

このベンチマーキングの活用による自社の飛躍的な生産技術力向上、コストダウン・品質向上に関連し、その手順・やり方等、方向性検討の支援・指導がコンサルティング対象となります。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

稼働率向上活動について

生産ライン、生産設備の稼働状況は、製造会社にとって日々の関心事であり、常にその稼働率について、維持・向上活動が行われていると思います。 (参考に、稼動率に対し、可動率という言葉があるので、その違いを簡単に説明します。 稼働率は一日の定時間に対してその日何時間その設備を使って物を造ったかの割合を言い、 可動率は設備を動かしたいときに、正常に動いてくれる状態の割合を言います。 稼働率は売れ行きによって

ジャストインタイムについて

ジャストインタイム(JIT;Just In Time)は、生産過程において、各工程に必要な物を、必要な時に、必要な量だけ供給することで在庫(あるいは経費)を徹底的に減らして生産活動を行う技術体系(生産技術)をいいます。 生産技術の工程設計業務を遂行する際、このジャストインタイムを具現化するためには、①停滞をなくす(リードタイム短縮)、②早く造りすぎない(タクトタイム生産)、③余分に造りすぎない(小

管理点設定について

管理点設定業務は工程設計業務の中の、QC工程表(工程管理表、工程管理明細書等)を作成する中で、各工程でどのような内容の管理を行うかを決定し、抜けなく記載するという仕事です。 管理点としては、大きく条件設定(INPUT)項目と出映え確認(OUTPUT)項目に分けられます。つまり対象工程においてどんな条件で加工するかを決めることと、その加工した結果をどんな形で確認評価するかを決める必要があります。 例