フロントローディング活動ついて

更新日:9月23日

フロントローディング活動は生産技術部署等が、より上流である設計や、開発の段階に踏み込んで参加する仕事の進め方をいいます。いわゆるコンカレントエンジニアリングという進め方と同じ認識で良いと思います。量産経験豊富な部署(生技、生産、検査、調達等)が設計・開発段階のうちに量産時想定される問題・課題をいち早く解決し、生産準備側としても事前の準備をスムーズに遂行できるという意味で、多くの会社ですでに定着している良い取り組みであると考えます。(設計・開発部署の負担にならないことも配慮が必要)

この取り組みに対し、設計・開発段階でどんな形で取り組むべきか、そのためにはどんな道具立てが必要になるか等について、支援し、定着化を進めることが、コンサルティング対象となります。




28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示