パイプ圧入について

更新日:9月20日

パイプ圧入とは圧入加工の一種であり、パイプ状の金属部品を相手部品(金属に穴あけを施した部品等)に挿入・固定させるために、加圧力を加えて一体化させる工程です。

圧入部はそのほとんどが円形(円筒形)であり、嵌合代を設けて行います。この嵌合代のバラツキ等を考慮した、条件設定、不良品払い出し機構等を工程設計上、検討する必要があります。

一般的には加工条件として一定の加圧力、加圧スピードで圧入を行い、出来映えとしての圧入寸法を確保するためにストッパー(ワークストッパー、外部(治具)ストッパー)を設けて行います。

出来映え評価としては、外観(変形、傷等)、圧入寸法、抜け強度等があげられます。


パイプ圧入で特に注意すべき点は、その抜け力保証にあります。一般的な圧入の場合には、圧入時の圧入力と抜け力には相関関係がありますが、パイプ圧入の場合は、パイプが若干スウェージングされ、保持力が極端に低下する場合があります。条件設定の時、その状況を十分に確認する等の注意が必要となります。(穴径・穴の開口部形状、パイプ径・パイプ先端形状、パイプ厚と変形量の関係確認等)


このパイプ圧入加工については、上記のような工程設計上の検討内容等に対する指導・支援がコンサルティング対象となります。





0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示