ダイカスト加工について

更新日:9月23日

ダイカスト加工は鋳造法の一つとして、精密な金型に溶融金属(アルミニウム合金、亜鉛合金、マグネシウム合金、銅合金等)を高速・高圧で射出・充填して鋳物を成形する方法です。

ダイカスト加工に使われる合金はアルミニウム合金がほとんど(約98%)を占めており、多くの産業分野で使用されています。(Al-Si-Cu系のADC12合金が現在の主流)

ダイカストマシンは射出部構造により、コールドチャンバーマシンとホットチャンバーマシンに分けられております。(溶湯保温炉が分離している(コールドチャンバー)か、一体化している(ホットチャンバーマシン)かの相違)

それぞれのダイカストマシンの 型締め力、ショットサイクル、鋳造圧力等をコールドチャンバーマシンとホットチャンバーマシンで比較すると、型締力はコールドチャンバ>ホットチャンバー、ショットサイクルはコールドチャンバ<ホットチャンバー、鋳造圧力はコールドチャンバ>ホットチャンバーの傾向があります。(アルミニウム合金はコールドチャンバーマシンが主流)

加工条件としては、鋳込温度、金型温度、充填時間、射出速度、鋳造圧力、キュアリングタイム、サイクルタイム等が設定されており、出来映え評価としては、寸法欠陥、外部欠陥、内部欠陥等、それぞれ様々な種類の欠陥項目の確認が必要となります。

このダイカスト加工については、各社独自の専門性の高い技術が導入・展開されていると思われますので技術支援対象とはなりませんが、発展的な改善(他技術と関連させた応用展開、生産性向上(作業性、自動化等)、品質向上(PFMEA対応、不具合対策等))について、助言できる部分があれば コンサルティング対象とさせていただきます。




19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示